バイトを選ぶ時の考え方!その三つの要素とは!

時給制であるならばまずは

バイトを選ぶ時には、やはりまずは給料です。時給制であるならば、一時間でいくらなのか、と言うのを比較するとよいです。仕事内容、業種を決めてから、後は時給で、と考えるのが妥当です。生活がかかっているアルバイトとお小遣い稼ぎのバイトがあります。前者であれば、時給は死活問題ですから、まずはそこから絞り込むことが多いですが、お小遣い稼ぎ程度であれば、そこまで拘らない場合もあります。その人の状況次第になります。

社会保険などに加入できるのか

学生バイトであれば、必須ではないですが、フリーターなどであれば、社会保険に加入できるバイトであるのか、と言うのも知っておくと良いです。社会保険はなんだかんだ言われていますが、基本的には重要です。特にデメリットがあるわけではなく、むしろ、メリットがあるといえます。ですから、キチンと社会保険に加入できるタイプのバイトを選ぶことがお勧め出来る要素が強いと言えます。特にフルタイムのフリーターにはそれが強く推奨されます。

スキルを身につける為のバイト

バイトの目的として、スキルを身に付ける、と言うのがあります。正規雇用では採用が難しい職種でも、バイトならば、と言う場合があります。まずは兎に角、門を通るのが重要であり、その業界に飛び込んで、そして、スキルを身につけたい、コネを作りたいと考える人は意外といます。そうしたことを目的にバイトをするのは珍しいわけではないですし、方向性としては悪くないです。時給よりも職種や将来性でバイト先を決めるのは悪いことではないです。

学生を中心に人気のリゾートバイトとは観光地等、繁忙期に短期間行うアルバイトです。宿泊先も用意してもらえ、普段とは違った環境で働く経験は自分の将来に役に立ちます。

リゾートアルバイトについて
リゾバの他の記事