知っておきたい!保育士が求められている求人の種類

保育園の種類や採用試験について

保育士免許を持っている人の主な就職先は児童保育施設であり、求人についても保育園がやはり多いと言えます。ただし保育園には、「公立の認可保育園」と「私立の認可保育園」という2種類があり、公立の場合は公務員試験に合格する必要があります。その試験内容は保育士試験に関するものが多いと言われています。そして私立の場合は、筆記・実技・面接などの採用試験が行われますが、その内容はそれぞれの園によって異なると言われています。

保育園以外にもさまざまな公的施設がある

子どもを預かる公的施設には、保育園以外にもさまざまなものがあり、求人募集もなされています。例えば児童館や児童遊園などの「児童厚生施設」をはじめ、保護者のいない子どもを保護する施設である「乳児院」や「児童養護施設」、そして障害児の保護や教育等を行う各種「障害児施設」などがあります。また、子どもを24時間サポートしなければならないような施設では、日勤と夜勤を交互に行うといったローテーションの勤務もあります。

民間企業が運営する施設や仕事も増えている

最近では、保育園や公的施設だけではなく、民間企業からの求人も増えてきていると言われています。職種としては、「ベビーシッター」などがよく知られていますが、ほかにもデパートやスポーツクラブなどに設けられた「子ども預かり所」の仕事や、「幼児教育の講師」などの仕事が挙げられます。さらに、会社内に託児所を設けている企業も増えていると言われています。また、民間企業が運営する認可外の保育施設もあり、認可保育園に入れない人の受け皿になっています。

保育園の求人では、新卒者やブランクがあってもプリセプター制度を設けるところがあり、安心して働くことができます。